『赤兎馬の嘶(いなな)き』~2019日経新春杯(G2)~

★★★『今週の重賞レース』★★★

1月13日(日) 京都11R 第66回日経新春杯(4歳上 国際 ハンデ 芝2400m)
※枠-馬番 馬名 斤量
(性齢、所属・調教師、騎手)の順に表記

1-1 マサハヤドリーム 55
(牡7、栗東・今野、北村友)

1-2 グローリーヴェイズ 55
(牡4、美浦・尾関、M.デムーロ)

2-3 エーティーサンダー 51
(牡6、栗東・湯窪、酒井学)

2-4 アフリカンゴールド 52
(牡4、栗東・西園、F.ミナリク)

3-5 シュペルミエール 55
(牡6、美浦・木村、北村宏)

3-6 サラス 49
(牝4、栗東・西村、松若)

4-7 ガンコ 57
(牡6、栗東・松元茂、藤岡佑)

4-8 ウインテンダネス 56
(牡6、栗東・杉山、内田博)

5-9 ケントオー 55
(牡7、栗東・西橋、和田)

5-10 ルックトゥワイス 55
(牡6、栗東・藤原英、岩田)

6-11 ノーブルマーズ 56
(牡6、栗東・宮本、高倉)

6-12 メイショウテッコン 56.
(牡4、栗東・高橋忠、武豊)

7-13 ダッシングブレイズ 56
(牡7、栗東・斉藤崇、福永)

7-14 アイトーン 54
(牡4、栗東・五十嵐、国分恭)

8-15 ロードヴァンドール 56
(牡6、栗東・昆、横山典)

8-16 ムイトオブリガード 56
(牡5、栗東・角田、川田)


◎◎好調教馬◎◎

【シュペルミエール】
1/9 美浦坂路:52.9-38.9-24.8-12.1(強め)
全て坂路2本追いで終い鋭く伸びた。長休明けを2度叩かれ更に上昇。

【ムイトオブリガード】
1/9 栗東CW:81.1-65.7-51.2-37.7-12.3(一杯)
※タガノアニード(古500万)一杯を5馬身追走~2馬身先着
力強い動きで、テンも終いも速い好時計をマーク。久々も動き良好。

【エーティーサンダー】
1/9 栗東坂路:52.4-37.9-24.3-12.1(馬なり)
先週CWで6F79秒6をマークし、僚馬を突き放した。久々も仕上がる。

【ウインテンダネス】
1/9 栗東CW:85.6-69.2-53.9-39.9-12.1(一杯)
先週6F79秒5~12秒1、今週も力強い動きで1F12秒1。終い確かで好調。

【ダッシングブレイズ】
1/9 栗東CW:84.9-68.9-53.7-39.4-12.0(強め)
終い重点だが、余力残しでラストまでシャープに伸びた。元気一杯。


◎重賞レース予想◎◎

1月13日(日)京都11R
第66回・日経新春杯(G2)
芝・2400m
16頭 発走15:45
メイショウテッコン
6枠12番
武豊騎手
高橋忠厩舎

本命⑥メイショウテッコン菊花賞は後手を踏み距離も長く参考外。2走前の接触ありながらダービー馬に0秒1差が見直せる。
対抗②グローリーヴェイズ菊花賞最先着のディープインパクト産駒。。
単穴が⑩ルックトゥワイス。前走初の右回りを圧勝し斤量利あるステゴ産駒。
次位は、安定感抜群で上積み大きく攻め強化された⑤シュピルミエール
他では2走前の2400mで終い抜群に切れた④アフリカンゴールド、京都と大外枠が鍵も、芝替わりで頭角を現してきた2400m3戦無敗の⑯ムイトオブリガード、当該コースの持ち時計メンバー最速、京都芝2400m【1.1.1.0】の⑪ノーブルマー

f:id:yamadabushi:20190111130909j:plain

神戸新聞杯で少差3着のメイショウテッコン


1月12日(土) 中山11R フェアリーS(G3)

◎⑧ホウオウカトリーヌ
○⑬グレイスアン
▲①フィリアプーラ
☆⑭レディードリー
△③エフティイーリス
△④スカイシアター
△⑩セントセシリア
△⑫チビラーサン
△⑪アクアミラビリス


1月14日(月) 中山11R 京成杯(G3)

◎シークレットラン
○ランフォザローゼス
▲ヒンドゥタイムズ
☆リーガルメイン
△ダノンラスター
△ラストドラフト
△ナイママ
△カテドラル

『赤兎馬の嘶(いなな)き』~2019京都金杯(G3)~

 

★★★『今週の重賞レース』★★★

1月5日(土) 中山11R 第57回京都金杯(G3)(4歳上オープン (国)[指] ハンデ 芝1600m)
※枠-馬番 馬名 斤量
(性齢、所属・調教師、騎手)の順に表記

1-1 ストーミーシー 54.0
(牡6、美浦斎藤誠、吉田隼)

1-2 サラキア 53.0
(牝4、栗東池添学、池添謙)

2-3 カツジ 56.0
(牡4、栗東・池添兼、松山弘)

2-4 グァンチャーレ 56.5
(牡7、栗東・北出、古川吉)

3-5 バリス 52.0
(牡8、栗東・鈴木孝、酒井学)

3-6 アドマイヤアルバ 54.0
(牡4、栗東・須貝尚、岩田康)

4-7 ミエノサクシード 54.0
(牝6、栗東高橋亮、川島信)

4-8 ヒーズインラブ 56.5
(牡6、栗東・藤岡健、藤岡康)

5-9 スマートオーディン 57.0
(牡6、栗東・池江寿、秋山真)

5-10 リライアブルエース 54.0
(牡6、栗東・矢作、坂井瑠)

6-11 トゥラヴェスーラ 53.0
(牡4、栗東・高橋康、浜中俊)

6-12 パクスアメリカーナ 55.0
(牡4、栗東・中内田、川田将)

7-13 アサクサゲンキ 54.0
(牡4、栗東・音無、松若風)

7-14 ゴールドサーベラス 54.0
(牡7、美浦・清水英、柴山雄)

8-15 マイスタイル 56.0
(牡5、栗東・昆、田中勝)

8-16 ツーエムマイスター 52.0
(牡7、栗東・本田、四位洋)

8-17 ロードクエスト 57.0
(牡6、美浦小島茂、福永祐)


◎◎好調教馬◎◎

【サートゥルナーリア】
12/24 栗東坂路:52.5-37.6-23.8-11.9(強め)
前2週、CWで併せた格上古馬を圧倒。今週も坂路で余力残しで好時計。

【ニシノデイジー
12/25 美浦南W:70.3-55.0-39.7-13.0(馬なり)
※アナザトゥルース(古1600万)馬なりを5馬身追走~併入
先週今週と、併せた実力古馬を圧倒。先週は自己ベストを更新。

【アドマイヤジャスタ】
12/23 栗東坂路:52.2-37.8-24.4-12.3(強め)
※ステイオンザトップ(古1000万)馬なりを4馬身追走~2馬身先着
前2週、テンも終いも速い時計でCWと坂路で古オープン馬を圧倒。

【ヴァンドギャルド
12/24 栗東坂路:54.5-39.2-25.2-12.4(強め)
今週は坂路で単走も、先週CWで一杯に追われる僚馬を馬なりで圧倒。

【コスモカレンドゥラ】
12/25 美浦南W:54.6-39.3-13.0(馬なり)
※エジステンツァ(古1600万)強めを1.1/2馬身追走~1/2馬身先着
終い重点だが、先週土曜の坂路追いで、余力残しで1F11秒8の切れ。

【ブレキキングドーン】
12/25 栗東坂路:57.0-41.1-25.7-12.4(馬なり)
先週のCWで、活力ある動きでテンも終いも速い時計で古馬を圧倒。


◎重賞レース予想◎◎

1月5日(土)京都11R
第27回・京都金杯(G3)
芝外・1600m
17頭 発走15:45
パクスアメリカーナ
6枠12番
川田騎手
中内田厩舎

本命⑫パクスアメリカーナ。前走4馬身差の圧勝で、京都は【2.0.1.0】と走る。
対抗グァンチャーレ。京都芝マイル【2.2.0.1】、昨年7戦し【1.3.2.1】の安定感。
単穴が⑩リライアブルエース。昇級後の前2走、レコード決着を共に少差。血統的にも要注目。
次位は、実績一番のディープインパクト産駒で当該コースの持ち時計最速の③カツジ
他では斤量ある好調牝馬②サラキア、京都【1.2.0.0】、マイル【1.3.1.0】の⑥アドマイヤアルバ


1月5日(土) 中山11R 中山金杯(G3)

◎⑧マウントゴールド
○⑥エアアンセム
▲⑪ウインブライト
☆④ランガディア
△⑨ストロングタイタン
△⑤サンマルティン
△⑮ステイフーリッシュ


1月6日(日) 京都11R シンザン記念(G3)

◎⑤アントリューズ
○③ハッピーアワー
▲⑥ドナウデルタ
☆①マイネルフラップ
△⑪シャドウエンペラー
△④ゴータイミング
△②ヴァルディゼール
△⑩ミッキーブリランテ

『赤兎馬の嘶(いなな)き』~2018ホープフルS(G1)~

★★★『今週のG1レース』★★★

12月28日(金) 中山11R 第35回ホープフルステークス(G1)(2歳オープン (国) 牡・牝 (指) 馬齢 芝2000m)

※枠-馬番 馬名 斤量
(性齢、所属・調教師、騎手)の順に表記

1-1 ニシノデイジー 55.0
(牡2、美浦・高木登、勝浦正)

2-2 ブレイキングドーン 55.0
(牡2、栗東・中竹、福永祐)

3-3 キングリスティア 55.0
(牡2、栗東・河内、内田博)

4-4 ヒルダカール 55.0
(牡2、栗東・北出、松田大)

4-5 サートゥルナーリア 55.0
(牡2、栗東・中竹、M.デムーロ)

5-6 ハクサンタイヨウ 55.0
(牡2、美浦・浅野、松岡正)

5-7 ミッキーブラック 55.0
(牡2、栗東・音無、O.マーフィー)

6-8 アドマイヤジャスタ 55.0
(牡2、栗東・須貝尚、C.ルメール)

6-9 ジャストアジゴロ 55.0
(牡2、美浦・大和田、田辺裕)

7-10 マードレヴォイス 55.0
(牡2、美浦・田村、三浦皇)

7-11 ヴァンドギャルド 55.0
(牡2、栗東・藤原英、C.デムーロ)

8-12 タニノドラマ 55.0
(牡2、栗東・松田国、池添謙)

8-13 コスモカレンドゥラ 55.0
(牡2、美浦・田中博、戸崎圭)


◎◎好調教馬◎◎

【サートゥルナーリア】
12/24 栗東坂路:52.5-37.6-23.8-11.9(強め)
前2週、CWで併せた格上古馬を圧倒。今週も坂路で余力残しで好時計。

【ニシノデイジー
12/25 美浦南W:70.3-55.0-39.7-13.0(馬なり)
※アナザトゥルース(古1600万)馬なりを5馬身追走~併入
先週今週と、併せた実力古馬を圧倒。先週は自己ベストを更新。

【アドマイヤジャスタ】
12/23 栗東坂路:52.2-37.8-24.4-12.3(強め)
※ステイオンザトップ(古1000万)馬なりを4馬身追走~2馬身先着
前2週、テンも終いも速い時計でCWと坂路で古オープン馬を圧倒。

【ヴァンドギャルド
12/24 栗東坂路:54.5-39.2-25.2-12.4(強め)
今週は坂路で単走も、先週CWで一杯に追われる僚馬を馬なりで圧倒。

【コスモカレンドゥラ】
12/25 美浦南W:54.6-39.3-13.0(馬なり)
※エジステンツァ(古1600万)強めを1.1/2馬身追走~1/2馬身先着
終い重点だが、先週土曜の坂路追いで、余力残しで1F11秒8の切れ。

【ブレキキングドーン】
12/25 栗東坂路:57.0-41.1-25.7-12.4(馬なり)
先週のCWで、活力ある動きでテンも終いも速い時計で古馬を圧倒。


◎G1レース予想◎◎

12月28日(金)中山11R
第35回・ホープフルS(G1)
芝・2000m
13頭 発走15:30
サートゥルナーリア
4枠5番
Mデムーロ騎手
中竹厩舎

本命⑤サートゥルナーリア。唯一の2戦無敗の良血馬で、調教も血統も良く中心視できる。
対抗⑧アドマイヤジャスタ。連勝と波に乗り充実一途で、鞍上ルメールは心強い。
単穴が①ニシノデイジー。未勝利勝ちも、重賞2勝と実績最上位。次位は、今回唯一中山芝2000mを経験し勝利を収めている⑦ミッキーブラック
他では前走の重賞でニシノとタイム差なしの⑪ヴァンドギャルド、放牧明けを叩かれ良化度大きい②ブレイキングドーン、前走の2000mを楽勝しセンス高い⑬コスモカレンドゥラ
押さえが、前走新馬勝ちの③キングリスティア⑫タニノドラマ

f:id:yamadabushi:20181227201317j:plain

2戦2勝の無敗馬サートゥルナーリア

『赤兎馬の嘶(いなな)き』~2018有馬記念(G1)~

★★★『今週のG1レース』★★★

12月22日(日) 中山11R 第63回有馬記念(G1)(3歳上オープン (国)(指) 定量 芝2500m)

※枠-馬番 馬名 斤量
(性齢、所属・調教師、騎手)の順に表記

1-1 オジュウチョウサン 57.0
(牡7、美浦・和田郎、武豊)

1-2 クリンチャー 57.0
(牡4、栗東・宮本、福永祐)

2-3 モズカッチャン 55.0
(牝4、栗東・鮫島、M.デムーロ)

2-4 マカヒキ 57.0
(牡5、栗東・友道、岩田康)

3-5 パフォーマプロミス 57.0
(牡6、栗東・藤原英、C.デムーロ)

3-6 サトノダイヤモンド 57.0
(牡5、栗東・池江寿、B.アヴドゥラ)

4-7 サウンズオブアース 57.0
(牡7、栗東・藤岡健、藤岡佑)

4-8 ブラストワンピース 55.0
(牡3、美浦・大竹、池添謙)

5-9 リッジマン 57.0
(牡5、栗東・庄野、蛯名正)

5-10 ミッキースワロー 57.0
(牡4、美浦・菊沢、横山典)

6-11 ミッキーロケット 57.0
(牡5、栗東・音無、O.マーフィー)

6-12 レイデオロ 57.0
(牡4、美浦・藤沢和、C.ルメール)

7-13 スマートレイアー 55.0
(牝8、栗東・大久龍、戸崎圭)

7-14 キセキ 57.0
(牡4、栗東・中竹、川田将)

8-15 シュヴァルグラン 57.0
(牡6、栗東・友道、H.ボウマン)

8-16 サクラアンプルール 57.0
(牡7、美浦・金成、田辺裕)


◎◎好調教馬◎◎

【モズカッチャン】
12/19 栗東坂路:54.8-40.0-25.4-12.6(馬なり)
重心の低いフォームのスムーズな走り。一週前に自己ベストを更新。

【ミッキーロケット】
12/19 栗東坂路:50.8-37.4-24.7-12.5(一杯)
※ビックリシタナモー(古1600万)一杯を1/2馬身追走~2.1/2馬身先着
自己ベストに匹敵する好時計をマークし、僚馬を一気に突き放した。

サトノダイヤモンド
12/19 栗東CW:83.4-65.9-51.0-38.0-11.7(一杯)
スプマンテ(古1000万)一杯を2.1/2馬身追走~4馬身先着
先週力強い動きで終い脚を伸ばし1F11秒4、今週も余力残しで11秒7。


◎G1レース予想◎◎

12月23日(日)中山11R
第63回・有馬記念(G1)
芝・2500m
16頭 発走15:25
レイデオロ
6枠12番
ルメール騎手
藤沢和厩舎

本命レイデオロ。実績最上位で死角も少なく、鞍上はルメール騎手。
対抗②モズカッチャン。上積み大きく好走データを満たし、好枠を引き当てた。単穴が血統面魅力で好枠に入ったマカヒキ。次位は、枠が厳しいが今秋の充実ぶり著しい⑭キセキ
他ではダービーで少差5着の3歳馬⑧ブラストワンピース、前走JCを最速上がりで追い上げた⑪ミッキースワロー、常識的には厳しいが鞍上がまたしても1枠を引き当てた強運も見逃せない障害最強馬オジュウチョウサン、好枠を引き当てた菊花賞2着馬②クリンチャー

 

f:id:yamadabushi:20181221221105j:plain

前走天皇賞(秋)を快勝したレイデオロ


12月22日(土) 中山10R 中山大障害(J・G1)

◎⑨アップトゥデイト
○⑥タイセイドリーム
▲⑧ミヤジタイガ
☆⑤ニホンピロバロン
△⑩ルペールノエル
△②シンキングダンサー


12月22日(土) 阪神11R 阪神カップ(G2)

◎⑬ケイアイノーテック
○⑦シュウジ
▲⑨ラインスピリット
☆⑤スターオブペルシャ
△①ダイメイフジ
△⑯ベステンダンク
△④ヒルノデイバロー
△⑩サトノアレス

『赤兎馬の嘶(いなな)き』~2018朝日杯FS(G1)~

★★★『今週のG1レース』★★★

12月8日(日) 阪神11R 第70回朝日杯FS(G1)(2歳オープン (国) 牡・牝 (指) 馬齢 芝1600m)

※枠-馬番 馬名 斤量
(性齢、所属・調教師、騎手)の順に表記

1-1 クリノガウディー 55.0
(牡2、栗東・藤沢則、藤岡佑)

2-2 グランアレグリア 54.0
(牝2、美浦・藤沢和、C.ルメール)

2-3 アスターペガサス 55.0
(牡2、栗東・中竹、福永祐)

3-4 ドゴール 55.0
(牡2、美浦・黒岩、津村明)

3-5 マイネルサーパス 55.0
(牡2、美浦・高木登、丹内祐)

4-6 アドマイヤマーズ 55.0
(牡2、栗東・友道、M.デムーロ)

4-7 ソルトイブキ 55.0
(牡2、栗東・木原、四位洋)

5-8 ディープダイバー 55.0
(牡2、栗東・大久龍、川田将)

5-9 イッツクール 55.0
(牡2、栗東・武英、松田大)

6-10 ヒラソール 55.0
(牡2、栗東・加用、岩田康)

6-11 ケイデンスコール 55.0
(牡2、栗東安田隆、C.デムーロ)

7-12 コパノマーティン 55.0
(牡2、栗東・村山、坂井瑠)

7-13 ニホンピロヘンソン 55.0
(牡2、栗東・安達、浜中俊)

8-14 ファンタジスト 55.0
(牡2、栗東・梅田智、武豊)

8-15 エメラルファイト 55.0
(牡2、美浦・相沢、W.ビュイック)


◎◎好調教馬◎◎

【ファンタジスト】
12/12 栗東坂路:52.8-38.3-25.0-12.1(一杯)
※ヒデノヴィーナス(新馬)強めを2馬身追走~併入
一週前に49.5-36.5-24.1-計不(一杯)、終い1Fエラーも推測12秒4。

【アドマイヤマーズ】
12/12 栗東坂路:52.9-38.8-25.1-12.6(一杯)
ジュンスパーヒカル(古1600万)一杯を5馬身追走~4馬身先着
今週坂路で僚馬を追走から突き放し、先週はCWで1F11秒4と切れた。

【イッツクール】
12/12 栗東CW:84.6-67.9-52.5-38.4-11.8(一杯)
テイエムグッドマン(古1000万)一杯を1馬身追走~2馬身先着
活力ある動きで自己ベストを更新、ラストも1F11秒8と鋭く伸びた。

【グランアレグリア
12/12 美浦南W:69.2-53.0-39.2-13.0(馬なり)
※トレクァルティスタ(古1600万)馬なりを3馬身追走~2馬身先着
重馬場での併せ馬で、馬なりで僚馬を圧倒し楽に自己ベストを更新。

ケイデンスコール】
12/12 栗東坂路:52.5-38.3-25.0-12.5(一杯)
ルーズベルトゲーム(古500万)一杯を3.1/2馬身追走~2馬身先着
先週CWでテンも終いも速い時計で、好調馬を追走し先着。元気一杯。

【クリノガウディー】
12/12 栗東坂路:51.6-37.7-24.5-12.2(一杯)
前走時にマークした自己ベストを、テンでも終いでも上回る走り。


◎G1レース予想◎◎

12月16日(日)阪神11R
第70回・朝日杯FS(G1)
芝・1600m
15頭 発走15:40
アドマイヤマーズ
4枠6番
M.デムーロ騎手
友道厩舎

マイルを3戦して無敗の⑥アドマイヤマーズ、世代最強牝馬の呼び声高い2戦2勝のディープインパクト産駒②グランアレグレア、3戦全て33秒台の豪脚の持ち主⑪ケイデンスコールが最有力候補と考えるが、順位付けが難しい…。
グランアレグレアには37年間牝馬の優勝がないレースデータが立ち塞がり、ケイデンスコールは久々、また初戦アドマイヤに惜敗していることから、本命は⑥アドマイヤマーズとする。
対抗はケイデンスコール。レース傾向からもG前強襲で勝ち負けになる公算は大きく、まず好勝負になる。よって②グランアレグリアは、次位とする。

他では、追い切りで絶好の動きを見せた3戦無敗馬⑭ファンタジスト
あとは、2戦2勝馬⑬ニホンピロヘンソン、前走レコード勝ちしたマイネルサーパス、前走離されはしたが終いの脚は勝ち馬以上だった④ドゴール

 

f:id:yamadabushi:20181215104024j:plain

前走デイリー杯2歳Sを快勝した3戦無敗のアドマイヤマーズ


12月15日(土) 中山11R ターコイズS(G3)

◎⑨レッドオルガ
○⑬フロンテアクイーン
▲④ハーレムライン
☆⑧キョウワゼノビア
△⑭カイザーバル
△⑤フローレスマジック

『赤兎馬の嘶(いなな)き』~2018阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)~

★★★『今週のG1レース』★★★

12月8日(日) 阪神11R 第70回阪神ジュベナイルF(G1)(2歳オープン (国) 牝 (指) 馬齢 芝1600m)

※枠-馬番 馬名 斤量
(性齢、所属・調教師、騎手)の順に表記

1-1 ベルスール 54.0
(牝2、栗東・今野、B.アヴドゥラ)

1-2 ジョディー 54.0
(牝2、美浦・戸田、四位洋)

2-3 プールヴィル 54.0
(牝2、栗東・庄野、秋山真)

2-4 シェーングランツ 54.0
(牝2、美浦・藤沢和、武豊)

3-5 メイショウショウブ 54.0
(牝2、栗東・池添兼、池添謙)

3-6 スタークォーツ 54.0
(牝2、栗東・寺島、荻野極)

4-7 ウインゼノビア 54.0
(牝2、美浦・青木、松若風)

4-8 ラブミーファイン 54.0
(牝2、栗東・田所秀、丸山元)

5-9 クロノジェネシス 54.0
(牝2、栗東・斉藤崇、北村友)

5-10 タニノミッション 54.0
(牝2、栗東・中竹、浜中俊)

6-11 ビーチサンバ 54.0
(牝2、栗東・友道、福永祐)

6-12 レッドアネモス 54.0
(牝2、栗東・友道、戸崎圭)

7-13 ダノンファンタジー 54.0
(牝2、栗東・中内田、C.デムーロ)

7-14 サヴォワールエメ 54.0
(牝2、栗東・友道、藤岡康)

7-15 ローゼンクリーガー 54.0
(牝2、栗東高橋亮、藤岡佑)

8-16 グレイシア 54.0
(牝2、美浦・栗田徹、田辺裕)

8-17 トロシュナ 54.0
(牝2、美浦・大竹、北村宏)

8-18 メイショウケイメイ 54.0
(牝2、栗東・南井、古川吉)


◎◎好調教馬◎◎

【クロノジェネシス
12/5 栗東CW:82.7-67.5-52.6-38.7-12.1(馬なり)
※ヴィッセン(古1000万)一杯を5馬身追走~1/2馬身先着
先週今週と、馬なりで僚馬を追走して先着。終いの切れ脚目立つ。

サヴォワールエメ】
12/5 栗東坂路:52.5-38.3-25.0-12.7(馬なり)
先週CWでビーチサンバと併せ脚色優勢、今週は坂路で自己ベスト。

【タニノミッション】
12/5 栗東CW:84.8-67.8-51.9-36.9-11.9(強め)
※クイーンマンボ(古オープン)馬なりを4馬身追走~2馬身先着
2週連続CWで併せた実力古馬を圧倒、終い抜群に切れた。元気一杯。

【ダノンファンタジー
12/5 栗東坂路:53.9-39.1-25.8-12.8(馬なり)
今週は坂路で終い計測不能だったが、先週CWで上々の動きを見せた。

【プールヴィル】
12/5 栗東坂路:52.1-38.1-24.8-12.6(馬なり)
※スイートミーティア(2歳未勝利)一杯を2.1/2馬身追走~1.1/2馬身
先週余力残しで自己ベストを更新し、今週は馬なりで僚馬を圧倒。

【ベルスール】
12/5 栗東坂路:51.8-36.7-23.7-12.3(強め)
先週馬なりで自己ベストタイ、今週は2F23秒7で時計を更に詰めた。

【メイショウショウブ】
12/5 栗東坂路:53.8-38.3-24.1-11.9(強め)
先週CWで古オープン馬を追走し、終い抜群に切れて先着。依然好調。


◎G1レース予想◎◎

12月9日(日)阪神11R
第70回・阪神JF(G1)
芝・1600m
18頭 発走15:40
シェーングランツ
2枠4番
武豊騎手
藤沢和厩舎

様々なデータや血統面からもダノンファンタジーとシェーングランツが甲乙つけがたいが、アルテミス組が好成績をおさめていることから、本命③シェーングランツとする。
前走東京マイル戦で見せた豪脚は広い阪神でも生きるはず。姉も一昨年ここで優勝していることも、強調材料となる。
対抗は⑬ダノンファンタジー。終いの切れは互角、2走前にコースを経験していることも有利に働き、まずは好勝負になる。
この2頭が強力だが、2戦2勝で前走32秒5の脚が驚異の⑨クロノジェネシス。前走が大きくマイナスデータも終い勝負で前記2頭を負かす可能性がある。
他では、前走◎と1/2馬身差の⑪ビーチサンバ、マイル2戦無敗の⑫レッドアネモス、前走重賞2着の⑤メイショウショウブ、2連勝と波に乗る③プールヴィル
押さえが、4戦して全て連対の⑮ローゼンンクリーガー、キャリア1戦も内容強かった良血馬⑩タニノミッションまで。

 

f:id:yamadabushi:20181208091104j:plain

前走アルテミスSを快勝したシェーングランツ


12月8日(土) 中京11R 中日新聞杯(G3)

◎⑭マイスタイル
○③グレイル
▲①エンジニア
☆⑧ドレッドノータス
△⑦ギベオン
△⑪メートルダール
△⑫ストロングタイタン


12月9日(日) 中山11R カペラS(G3)

◎⑧ハットラブ
○⑬オウケンビリーヴ
▲①キタサンミカヅキ
☆②コパノキッキング
△④キングズガード
△⑮ウインムート
△③ヴェンジェンシス
△⑦ダノングッド

『赤兎馬の嘶(いなな)き』~2018チャンピオンズC(G1)~

★★★『今週のG1レース』★★★

12月1日(日) 中京11R 第19回チャンピオンズカップ(G1)(3歳上オープン (国)(指) 定量 ダ1800m)

※枠-馬番 馬名 斤量
(性齢、所属・調教師、騎手)の順に表記

1-1 アンジュデジール 55.0
(牝4、栗東・昆、横山典)

2-2 ルヴァンスレーヴ 56.0
(牡3、美浦・萩原、M.デムーロ)

2-3 パヴェル 57.0
(牡4、招待・、M.グティエレス)

3-4 アポロケンタッキー 57.0
(牡6、栗東・山内、小牧太)

3-5 ノンコノユメ 57.0
(セ6、美浦・加藤征、内田博)

4-6 アスカノロマン 57.0
(牡7、栗東・川村、太宰啓)

4-7 サンライズノヴァ 57.0
(牡4、栗東・音無、戸崎圭)

5-8 ケイティブレイブ 57.0
(牡5、栗東・杉山、福永祐)

5-9 サンライズソア 57.0
(牡4、栗東・河内、J.モレイラ)

6-10 センチュリオン 57.0
(牡6、美浦・田村、吉田隼)

6-11 オメガパフューム 56.0
(牡3、栗東・安田翔、C.デムーロ)

7-12 ウェスタールンド 57.0
(セ6、栗東・佐々晶、藤岡佑)

7-13 ミツバ 57.0
(牡6、栗東・加用、松山弘)

8-14 ヒラボクラターシュ 56.0
(牡3、栗東・大久龍、四位洋)

8-15 インカンテーション 57.0
(牡8、栗東・羽月、三浦皇)


◎◎好調教馬◎◎

ケイティブレイブ
11/28栗東坂路:53.6-38.7-25.1-12.6(馬なり)
先週CWを馬なりでテンも終いも速い好時計をマーク。ますます好調。

【ミツバ】
11/29 栗東坂路:52.2-38.5-25.4-12.8(馬なり)
先週CWでテンも終いも速い好時計、今週は坂路で自己ベストを更新。

【アンジュデジール】
11/28 栗東CW:82.7-67.1-52.2-38.3-11.9(一杯)
※マイスタイル(古オープン)馬なりにクビ遅れ
今週は併せ馬で脚色劣勢も、先週は好時計をマークして僚馬を圧倒。

サンライズソア】
11/28 栗東坂路:52.9-38.1-24.2-計不(一杯)
今週は坂路で終い計測不能だったが、先週CWで上々の動きを見せた。

サンライズノヴァ】
11/28 栗東坂路:53.5-38.9-25.1-12.6(一杯)
※ダンビュライト(古オープン)馬なりに1/2馬身先着
力強く動きで、攻め駆けする実力馬に食い下がった。ますます好調。


◎G1レース予想◎◎

12月1日(日)中京11R
第19回・チャンピオンズカップ(G1)
ダ・1800m
15頭 発走15:30
ケイティブレイブ
5枠8番
福永騎手
杉山厩舎

本命ケイティブレイブ。数多くの好走データをクリアし、充実一途。力を増した今年は昨年から前進必至。中心視できる。
対抗はサンライズノヴァ。終いの切れは互角以上、近年差し馬が活躍している傾向にも合致し台頭する。そして次位が、前走で昨年の勝ち馬を降し未だ底を見せない3歳馬②ルヴァンスレーヴ
他では、前走JBCを逃げてあわやの3着だったサンライズソア、2着⑪オメガパフューム、ケイティと何度も好勝負を演じているアポロケンタッキー
特注は、2走前にオメガに2キロ重い斤量でタイム差なしのウェスタールンド
大穴が、血統面とデータ面から⑭ヒラボクラターシュ

f:id:yamadabushi:20181130152041j:plain

前走JCBクラシック(G1)を快勝したケイティブレイブ


◎◎重賞レース予想◎◎

12月1日(土) 中山11R ステイヤーズS(G2)

◎⑫アドマイヤエイカン
○③モンドインテロ
▲②ヴォージュ
☆⑪リッジマン
△④コウキチョウサン
△⑦ララエクラテール


12月1日(土) 阪神11R チャレンジC(G3)

◎⑧レイエンダ
○③ダンビュライト
▲⑪トリコロールブルー
☆⑨エアウィンザー
△⑦ロードヴァンドール
△④マイネルフロスト
△②マウントゴールド