朗報?それても悲報?

本日6月20日火曜日午後、とうとう小池都知事から、築地市場豊洲へと移転する正式表明がありました!地元の人間にとっては、これは大きなニュースです。

緊急記者会見が開かれて、豊洲に市場機能を移転させた上で、築地市場にも市場機能を残し、築地市場も5年後をメドに再整備することを表明。将来的に築地に市場を戻すことを視野に検討する方針とのことです。
小池知事は記者会見で「築地市場の価値は都の莫大(ばくだい)な資産。築地ブランドを維持、活用すべきだ」などと理由を説明したそうです。

市場内でも移転賛成派、反対派の人たちがいます。私の小中学の友達や住んでいるマンションの同じ階にも市場関係者はいます。それぞれの立場があり、一概にどちらがいいとは言えませんからこれが朗報か悲報かはわかりませんが、場内のおいしい飲食店で築地から無くなってしまうお店があることは確かです。
先週から『移転濃厚』との噂を聞きつけ、居ても立ってもいられなくなり、昨日の昼、場内の大好きなお店に駆けつけた次第です。

「築地のお店」というと「寿司屋」や「海鮮丼の店」を真っ先に思い浮かべる人は少なくないとは思います。確かに美味しい「寿司屋」や「海鮮丼の店」もたくさんあります。でも私が最も足繁く通っているのは、「寿司屋」や「海鮮丼の店」ではないんです。


お店の名前は「ふぢの」、そして吉野家 築地1号店」です。

f:id:yamadabushi:20170620194744j:plain

「ふじの」へはお昼より少し前に着いたのですが、同じ思いの人が多いのでしょうか、すでに満席に近い混みようでした。

厨房で三人のご年配の職人さん、そしてホールの女性一人で切り盛りしている小さな中華屋さんですが、その味は格別です。
冷やし中華」、「酸辣麺」、「味噌ラーメン」などどれも珠玉の逸品ですが、私が魅了されてやまないのは「チャーシューメン」です!この「チャーシュー」がとにかく絶品です。奇をてらったものではなく昔ながらの「チャーシュー」なんですが、王道の醤油味で、とろけるような美味さです。それでいて値段は800円は、良心的です。またこの「チャーシュー」は、お土産としてお持ち帰りもできるんですよ。
ちなみにラーメンは550円、ワンタンメンは750円です。

f:id:yamadabushi:20170620194949j:plain

f:id:yamadabushi:20170620195013j:plain

「ふぢの」も豊洲に移転予定のようですが、移転後も味と値段は変らずにいてほしいと、願ってやみません。

こちらが吉野家 築地1号店」です。

f:id:yamadabushi:20170620194841j:plain

テレビCMでも有名になりましたが、ここから現在の吉野家が始まりました。でも「チェーン店だから、味はおなじでしょ?」と思う人は多いと思いますが…違うんです!とにかく美味いんです!これは食べてみたら、はっきりわかると思います。

f:id:yamadabushi:20170620195531j:plain

どちらのお店も、波除神社近くの入り口からすぐですよ。土・日・祝日はお休みですから、興味がある人は平日になんとか時間を作って行ってみてくださいね。

f:id:yamadabushi:20170620195619j:plain